ダイエットに”プロテインバー”って効果ある?特徴と選び方についても解説

ダイエットに”プロテインバー”って効果ある?特徴と選び方についても解説

低価格・短時間のパーソナルジムエクササイズコーチです。 

 

 

「最近コンビニでプロテインバーを見かけるけど、ダイエットに良い効果はあるの?」

「種類も値段も豊富すぎるし、英語で書かれている商品もあって何を買えばいいのかわからない!」

 

続々と発売されるダイエット食品やプロテインの含まれている健康食品がコンビニなど身近に増える中で、本当に効果があるのか不安な方は多くいらっしゃると思います。

 

プロテインバーを正しく選ぶことで、不足しているタンパク質を補給でき、ダイエットを効率的に進める事が可能です。

 

しかし、選び方を間違えてしまうことで、カロリー過多になり、太ってしまうリスクもあります。

 

今回の記事では、プロテインバーのダイエット中の”効果”だけでなく、”海外のプロテインバーとの違い”や”選び方”についても徹底解説します。

 

 

プロテインバーとは?

 

バー

 

プロテインバーとは、プロテイン(たんぱく質)を気軽に摂取できるようにバータイプに加工した栄養補助食品のことです。

 

プロテインには、”ドリンクタイプ”や”ゼリータイプ”、“パウダータイプ”などがあり、様々な形で販売されています。

 

その中でも、プロテインバーは最も食べ応えのある加工法です。

 

プロテインバーと一言で言っても種類は豊富で、しっとりとした”ベイクドタイプ”、グラノーラ素材を使用した”グラノーラタイプ”、クリームを挟んだ”ウエハースタイプ”、サクサクとした食感が楽しめる”クランチチョコタイプ”など好みに合わせて選択する事ができます。

 

 

プロテインバーの特徴

上を見る女性

 

プロテインバーは、”1本を小分けにして摂取できる”という特徴があります。

 

プロテインドリンクやゼリータイプの場合、開封後は一回で飲み切らなければいけないため、外出中は量を変更しにくく、カロリーや量の調整が難しいです。

 

一方、プロテインバーであれば、半分に小分けし残したとしても保存することができるため、簡単にカロリーや量の調整を行うことができます。

 

「ダイエット中は、プロテインドリンクやゼリーだとカロリーが多すぎる。半分でいいのに…」

「ドリンクタイプのプロテインを一気に飲むのはちょっと苦しい…」

 

このような悩みを持つ方に、プロテインバーがおすすめです。

 

 

海外のプロテインバーと日本のプロテインバーの違い

 

びっくりする女性

 

海外と日本のプロテインバーでは、食感や味、栄養成分などが異なります。これらの違いを知ることで、好みや目的に応じてプロテインバーを選択することが可能です。

 

いま実際に生活に取り入れている方も、まだ取り入れていない方もぜひ違いを知って役立ててください。

 

 

味とカロリー

パンやお菓子

 

海外のプロテインバーの場合、ねっとりしている商品が多く、カロリーも高いため、甘いものが好きな方や増量中(バルクアップ)の方におすすめの商品が多くあります。

 

ねっとりとした触感はキャラメルなどを思い浮かべていただくとわかりやすいかと思います。甘さに加え食べ応えもかなりあるので、1本でお腹にたまります。

 

ですが、チョコで全体をぎっしり固めたコーティング方法を取っている商品がほとんどなので、その分脂質も多くカロリーがとても高くなってしまいます。

 

英語でパッケージに成分表示がされており、わかりづらい方は

 

たんぱく質 protein
脂質 fat
炭水化物 carb(carbohydrates)

 

 

で表記されているので、参考にしてください。

 

 

日本茶

 

一方、日本のプロテインバーの場合、カロリーが低く、甘すぎないものが多いため、ダイエット中や甘いものが苦手な方におすすめの商品が多く販売されています。

 

味や触感にこだわっている商品も多く、大手のドラッグストアやお菓子のメーカーも手掛けています。1本単位で売られている商品もあるので、「試しに1本食べてみよう」と気軽に摂取できるのも嬉しいポイントです。

 

なお、カロリーは商品によって様々です。また、日本の商品にありがちなのは、プロテインバーであるもののたんぱく質量が少ない商品が多々あることです。

 

商品パッケージの裏面に栄養表示が載っていますので、購入する際はカロリーと一緒にたんぱく質量も見るようにしましょう。

 

このように、プロテインバーによっても味や栄養成分が異なるため、好みや目的に応じて、プロテインバーを選択しましょう。

高たんぱく質、低脂質、低糖質がダイエットにはベストです。

 

 

プロテインバーをダイエット中に取り入れる4つのメリット

 

日の出を見る人

 

プロテインバーを取り入れるメリットは、下記の4つがあります。

 

・外出中に栄養補給ができる

・プロテインが飲めない人のプロテインの代替え

・夜勤時のおやつ

・筋トレ前の糖分補給

 

では、ひとつずつ解説していきます。

 

 

外出中に栄養補給ができる

外を歩く人たち

 

「外出中、栄養補給をしたいけど、お弁当は周りの目線が気になるし、時間がない…」

「サラダチキンを食べてもいいけど、手とか口の周りが汚れるし、ちょっと食べにくい…」

 

ボディメイクやダイエットをされている、多くの方が持つ悩みだと思います。

 

プロテインバーであれば、荷物がかさばる事もなく、外出中手軽に栄養補給する事が可能です。

また、サラダチキンのように大きくもなく食べやすいうえに、周りから見ても一見お菓子のようにしか見えないので、視線も気になりにくいです。

 

移動中や仕事の合間など、時間がない時の栄養補給としてプロテインバーを活用し、ダイエットを効率的に進めていきましょう。

 

 

プロテインドリンクが飲めない人の代替え

プロテインドリンク

 

プロテインドリンクの味が苦手で飲めない方にも”プロテインバー”が効果的です。

 

「プロテインドリンクの臭さが苦手」

「プロテインドリンクのドロドロ感が苦手」

「乳糖不耐症でプロテインを飲むとお腹をこわしてしまう」

 

上記のような理由でプロテインドリンクが苦手な方は、少なくないと思います。

 

プロテインバーであれば、種類によって味だけでなく、食感も変える事ができ、好みのものを選択しやすいです。

また、乳製品ではなく大豆を使用している商品もあるため、乳糖不耐症の方も安心して取り入れることができます。

 

このように、プロテインドリンクが苦手な方であっても、プロテインバーを選択することで、手軽に栄養摂取をすることができます。

 

 

夜勤時のおやつ

お菓子を選ぶ男性

 

プロテインバーはカロリーが低く、タンパク質の摂取ができるため、”夜勤時のおやつ”としても効果的です。

 

「夜遅くにお菓子やチョコを食べたら太っちゃうよね…」

「でも疲れたし何か甘いものをささっと食べたい!!」

 

夜勤の際、小腹が空き間食を摂取したくても、今食べたら太ってしまう…と我慢されている方が多くいらっしゃると思います。

 

しかし、我慢はダイエットにとって逆効果です。夜勤時に間食を我慢できたとしても、朝や昼のタイミングで食欲が強くなり、暴食につながります。

かといって、高カロリーなお菓子を食べていいわけでもありません。

 

低カロリーで栄養補給ができる”プロテインバー”を取り入れ、暴食に繋がらないよう対策をする事が効果的です。

また、甘みもあるので疲れた体には染み渡ります。

 

毎日お仕事を頑張っている自分へのご褒美感覚で食べ、ちゃっかり栄養も摂取し、もうひと踏ん張り頑張りましょう。

 

 

筋トレ前の糖分補給

マカロンの上のひよこ

 

ダイエットのために食事の管理、特に糖質制限をしながら筋トレを行う場合、炭水化物を摂取する機会が減るので血中のグリコーゲンの量が下がり、筋肉へ届ける栄養が枯渇してしまいます。

 

すると、本来発揮できるはずの力を発揮しきることができず、不十分なトレーニングとなってしまい筋肉量の増量に繋がりません。

 

そういった時にトレーニングの前にプロテインバーなどの糖分を摂取することによって、トレーニングパフォーマンスの向上につなげることができます。

 

 

プロテインバーのデメリット

 

うなだれる人

 

万能そうに見えるプロテインバーにも、実はデメリットが存在します。

 

プロテインバーのメリットだけを知っておくのではなく、デメリットも知ることで、適切なタイミングで摂取できるようになるため、ダイエットの効果を体感しやすくなります。

 

デメリットは以下の通りです。

 

・脂質が多い商品がある

・たんぱく質量が少ない商品もある

 

 

脂質が多い商品がある

クッキーを差し出す男性

 

プロテインバーの場合、基本的にプロテインドリンクと比べ、脂質が多く含まれていることがほとんどです。

 

摂取方法 脂質量
ドリンクタイプ 1~5g程度
バータイプ 8~15g程度

 

上記のように、脂質量が増えてしまうため、それに伴ってカロリーも増加してしまいます。

 

ダイエット中に取り入れる際は、なるべく脂質の少ないものを選択することで、タンパク質をしっかりと摂取しつつ、脂質量を抑えることにつながります。

 

また、間食で取り入れる際は、「1日のカロリーがオーバーしないか」を検討してから取り入れることで、無駄なカロリー摂取をせず、ダイエットを進める事が可能です。

 

適正カロリーが1,300㎉の方が、朝食+昼食+夕食がこれまで1,300㎉だったのにプラスでプロテインバーを間食にいれたらカロリーオーバーになっていまいますよね。

 

その場合は夕食のカロリーを少し抑えて、プロテインバーを含めて適正カロリー内になるように調整をしましょう。

間食をとって夕食を減らすことで、就寝前の摂取カロリーを抑えることができ、ダイエットにも効果的で一石二鳥です。

 

 

たんぱく質量が少ない商品もある

挟まれた食べ物

 

特に日本の製品に言える話ですが、味や食感を重視するあまり、本来の目的であるたんぱく質量が少ない製品があります。

中には1本あたり5gほどしかたんぱく質が含まれていない、ということもあります。

 

海外の製品は1本に25gほどのたんぱく質が入っているものも中には存在しますが、脂質が50gもあることも少なくありません。

 

このように、各栄養素のバランスが重要です。目的に沿って、たんぱく質量・脂質量・糖質量を確認して取り入れていきましょう。

 

 

プロテインバーの効果的な摂取タイミング

 

雪の上のお菓子

 

プロテインバーの摂取タイミングを意識することで、栄養が体内に取り込みやすくなり、効果を最大限に発揮する事ができます。

 

・小腹が空いた時

・トレーニング1時間前

 

上記のタイミングを意識しましょう。では、解説していきます。

 

 

小腹が空いた時

たくさんのナッツ

 

小腹が空いた時にプロテインバーを摂取することで、血糖値の低下を抑え、空腹を紛らわすことができます。

 

人間の体は、食後時間が空くことで、血糖値が徐々に下がっていきます。結果、空腹を感じやすくなってしまい、お菓子などの軽食を挟みたいと感じてしまいます。

 

このタイミングでお菓子や食事を挟んでしまうことがオーバーカロリーにつながり、太る原因です。

 

そのため、血糖値の低下を抑えて空腹も抑えるために、プロテインバーを摂取し、血糖値の波を緩やかにする事がダイエットに効果的です。

 

血糖値とダイエットの関係性について詳しい記事はこちら!!

食事を減らさずダイエットを成功させる!?”GI値”の役割とは?

 

 

 

トレーニング1時間前

筋トレをする人

 

トレーニング1時間前にプロテインバーを摂取することで、トレーニングパフォーマンスの向上につながります。

 

プロテインバーには、”炭水化物”が含まれています。”炭水化物”は、トレーニングのエネルギー源です。

 

トレーニング1時間前に、プロテインバーを摂取する事で、トレーニングに必要なエネルギー源であるグリコーゲンを体内に貯蔵する事ができます。

 

すると、エネルギーを切らす事なくトレーニングが行えるため、トレーニングボリュームが向上します。

 

強度の高いトレーニングを繰り返し行い、筋肉量が増えることで、基礎代謝の向上が期待できます。結果、痩せやすく太りにくい体を作ることが可能です。

 

 

なぜ基礎代謝を上げる必要があるのか?詳しい記事はこちら!

“基礎代謝”を上げ、”痩せやすい体”を作る筋トレ3選と体型維持法を解説

 

 

まとめ

 

 

プロテインバーを正しく選択することで、ダイエットに良い効果をもたらします。では、プロテインバーについておさらいしましょう。

 

プロテインバーとは、プロテインを加工した栄養補助食品で、摂取するメリットは下記をご覧ください。

 

・外出中に栄養補給ができる

・プロテインが飲めない人のプロテインの代替え

・夜勤時のおやつ

・筋トレ前の糖分補給

 

当然メリットだけでなく、デメリットも存在します。

 

・脂質が多い商品がある

・たんぱく質量が少ない商品もある

 

プロテンバーには、タンパク質が多く含まれますが、同時に”脂質”を多く含む商品も多数あります。

また、本来摂取したいたんぱく質そのものの量が少ない商品も存在します。

 

パッケージの裏面を見て、たんぱく質・脂質・炭水化物のバランスが自分の目的に合っているかを確認し、成分とカロリーの比率を見極めましょう。

 

 

 

 

ダイエットにおすすめ!エクササイズコーチのプロテインバー

 

エクササイズコーチのプロテインバー

 

ダイエットに効果的なプロテインバーは、弊社の取り扱っているエクササイズコーチオリジナルのプロテインバーです。

 

従来のプロテインバーで懸念されている”カロリー”や”食感”などを試行錯誤し、改良しました。なので、ダイエット中の間食やトレーニング前の栄養補給として効果的です。

 

商品を詳しく解説させていただきます。

 

 

チョコを使っているのにカロリーが低い

プロテインとお菓子

 

栄養成分(2本あたり)

 

・エネルギー:144kcal

・タンパク質:10.4g

・脂質:6.9g

・炭水化物:10.8g(-糖質:9.6g-食物繊維:1.2g)

 

従来のプロテインバーであれば、一本あたり180kcalほどあります。対して、エクササイズコーチのプロテインバーは1本あたり72kcalと、非常にカロリーが低いです。

 

チョコを使用しつつも脂質や炭水化物量をおさえているため、余分なカロリーを省き、体脂肪をつけにく、ダイエットにとても効果的です。

 

1袋あたり2本入っていますが、カロリーが多い方や食事に加えたい方は、一本のみを食べることで、カロリーを半分に調整することもできます。

 

 

スイーツ職人の手作り

チョコケーキといちご

 

エクササイズコーチのプロテインバーは、成分だけでなく、にも拘っています。

 

スイーツ職人の手作りなので、従来のプロテインバーと比べ、スイーツやお菓子に近い感覚で食べることができます。

 

また、市販のものはチョコでコーティングされて堅い物が多いです。しかし、エクササイズコーチのプロテインバーの場合、しっとりしたクッキーやブラウニーに近い食感で、お菓子感覚で食べることができます。

 

ダイエット中のご褒美感覚で、プロテインバーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

価格

小銭

 

 

エクササイズコーチのオリジナルプロテインバーは、一箱30本入りのお値段:¥3456(税込)です。(2021年11月現在)

 

コンビニやスーパーで販売されているプロテインバーは、1本あたり150~200円の商品がほとんどです。一方、エクササイズコーチのプロテインバーは、1本あたり税込約115円と格安で販売しております。

 

また、1箱まとめての購入で自宅にストックしておくことができ、カバンに常備する事が可能です。なので、外出中にわざわざ買いに行く手間を省くこともできます。

 

現在販売しているフレーバーはチョコレート味とストロベリー味の2種類です。チョコレートはブラウニーのような味で、ストロベリーはイチゴ味のポッキーのような味です。

 

どちらも体験時試食をお勧めしていますので、ぜひ一度味わってみてください。

 

エクササイズコーチでは、あなたの”筋力”,”体力”,”目標”,”生活スタイル”などに応じて、コーチがダイエットプログラムを立案し、独自のトレーニングマシンが最適な負荷を提案します。お気軽に無料カウンセリング・無料体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。

 

HPはこちら!!

公式HP

 

 

ダイエット専門パーソナルジムエクササイズコーチ

関連記事

最新の記事

最先端のAIマシンで、1人ひとりに最適なダイエットプログラムを作り、あなたの専任コーチが1対1で指導いたします。